ゴミ屋敷片付けナビ

片付け業者のメリット・デメリット

1.ゴミ屋敷の片付けは業者に依頼

ゴミ屋敷になってしまったら、どうしたら良いのでしょう。そもそも片付けられなくてそうなってしまったのですから、自力で何とかする方法は残念ながら排除したほうが良さそうです。

他人に頼むと恥ずかしいと思うかもしれませんが、このままにしておくわけにはいかないでしょう。遅かれ早かれ片付けなければならないのですから、すぐ業者に依頼することをおすすめします。

ゴミ屋敷を片付けに来てくれる業者は、片付けのプロです。ゴミ屋敷の部屋を見て、いちいち何かを思ったり、批判したりするわけではありません。黙々と片付けの仕事を請け負ってくれるのみですから、安心してお任せすれば良いでしょう。

サイトで検索すれば、いろいろな業者がでてきます。話をするのが嫌ならば、メールから相談や見積りを取ることが可能です。

ゴミ屋敷の自覚があるなら、悩んだり、悲しんだりする暇はありません。一刻も早く業者に相談することで、必ず解決の道は開かれます。

2.業者のメリット

①慣れているので早い

ゴミ屋敷になるまでゴミが溜まっていたら、一人で片付けることは到底無理でしょう。そういう時こそ、業者に片付けを依頼することをおすすめします。

一人で考えていても、「捨てられない」、「途中で掃除が嫌になる」など、一向に片付かないことは目に見えています。

だったら、ゴミ屋敷の片付け業者に依頼すれば、実績が多数あり、慣れているので早いというもの。依頼者立ち合いの場合は、本人に確認しながらどんどん仕分けてくれますし、本人が不在の場合でも、明らかなゴミとゴミでないものの整理をしながら仕分けてくれます。

お金はかかるかもしれませんが、これまでゴミに埋もれていた生活から短時間で抜け出せると思えば、安いものでしょう。

②大量に出たゴミの処理

ゴミを仕分けた後、大量に出たゴミの処理を解決してくれるのも、業者ならではです。

ゴミ屋敷のゴミの量は半端ではありません。途方に暮れるとはこのことでしょう。とても一人でどうにかなる量ではないことは明らかです。

しかも、ゴミ回収の指定日以外には捨てられませんし、大量のゴミは一度に出せません。粗大ゴミや家電、不用品なども、然るべき手続きをしなければ捨てることはできなくなっています。

ゴミを片付けたとしても、「捨てる場所に困る」、「重くて運べない」などという問題は必ず発生します。ゴミ屋敷の片付け業者に依頼すれば、その点も心配は無用です。

支払う金額以上に価値があり、頼んで良かったと思えるのではないでしょうか。

③部屋の汚れ・ハウスクリーニング

ゴミ屋敷からゴミがなくなったとしても、一番後に残るのは部屋の汚れがあります。長年、ゴミに埋もれていた床や壁、備品などの汚れは臭いも染みつき、市販されている洗剤や消臭剤ではなかなか取り除くことはできなくなっています。

そこで、最後の最後まで頼れるのが、ハウスクリーニングまでしてくれるゴミ屋敷の片付け業者になります。業者の特殊な洗剤や消臭剤を使用して、キレイに掃除までしてくれればいうことはないでしょう。

中には、壁紙の張り替え・畳の撤去などまで請け負ってくれる業者もあり、一度にすべてを済ませることも可能です。

自分で行う掃除では、手の届かない部屋の隅々まで掃除をしてもらえますから、本当に助かるでしょう。

3.業者のデメリット

①他人が部屋に入る

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する場合、あえてデメリットとして挙げるなら、他人が部屋に入ることにあります。

業者が仕事として片付けを請け負った以上、部屋に入らなければ片付けはできませんので、やむを得ないことであり、部屋に入ったところで業者は特段何ということではないのですが、ゴミ屋敷の住人にとっては、これが大きな高い壁となっています。

片付ける云々より、汚部屋を他人に見られるのが恥ずかしく、片付けのプロでも部屋に入れること自体がネックになっているのです。

デメリットといえばそうかもしれませんが、他人といっても業者は仕事人ですから、これが原因で片付けのチャンスを逃してしまうのは、もったいないことでしょう。

②お金がかかる

ゴミ屋敷の片付けをする業者も慈善事業ではありませんから、仕事として請け負う以上、対価としての料金は発生します。

業者に依頼をするとお金がかかるのは、デメリットかもしれませんが、片付けの仕事をしてもらう以上は当然でしょう。

業者なら短時間でキレイに片付くという、金額以上の安心感が得られますが、お金がかかることを気にするなら、自分で片付けるしかありません。

むしろ、お金がかかることの心配より、業者の見積りは妥当かをチェックしたり、実績や口コミを調べたりなどしたほうが前向きではないでしょうか。

お金がかかることがデメリットになるというなら、お金がかかった上に、悪徳業者に引っかかった場合などが該当するのです。

4.ゴミ屋敷業者の相場価格

ひと言でゴミ屋敷業者の相場価格といっても、業者によって幅がありますし、部屋の広さやゴミの量によっても違います。よって、一概に相場価格はいえないものですが、あえていうなら、ワンルームなどの一部屋で足下が埋まる程度のゴミ状態なら約3~4万円、天井までのゴミ状態なら約5~8万円、3LDKや一軒家などの広さがあれば約20~30万円、天井までのゴミ状態なら約40~60万円はかかると思っていれば良いでしょう。

1.エコピット

エコピットのゴミの量によるトラックの大きさ別料金は、12,000円~、25,000円~、40,000円~、85,000円~となっています。要問合せ・相談ですが、ゴミ屋敷になれば、倍以上かかるでしょう。

2.クリーンアップパートナー

クリーンアップパートナーのゴミの量によるトラックの大きさ別料金は、9.800円~、19.800円~、32,800円~、62,800円~となっています。ゴミ屋敷の相談や見積りも年中無休で受付しています。

3.グローバル回収

グローバル回収のゴミの量によるトラックの大きさ別料金は、8.800円~、28.000円~、32,800円~、88,000円~となっています。出張見積りでのゴミの料金算出と、不用品買取が特長になります。