ゴミ屋敷片付けナビ

自然素材の梱包素材が海洋生物を救うかも

画像

近年の生活に欠かせないプラスチック。2050年までに海がプラスチックでいっぱいになり魚の住む場所が無くなる・・・なんて予測も立てられているそうです。そんな悲しい未来を救ってくれるかもしれないのが、agar Plasticityという寒天からつくる梱包素材。

ネットショッピングが生活と切り離せない昨今では、買い物の際に出る梱包材はかなりの量のゴミになります。

また、海に浮かぶゴミの中に、発砲スチロールを見かけた事がある人は多いのではないでしょうか。

そんな梱包材が土に還り、海に還るというのはとても素晴らしい事だと思います。

こんな素晴らしい素材を開発したのは、なんと日本人なんです!荒木宏介さん、村岡明さん、前谷典輝さんからなるグループAMAMです。今回の開発でレクサスの国際デザインコンペティションLexus Design Awardで優勝しました!

商品化するには、まだまだ様々なサポートを必要としますが、商品化され、当たり前に使用される時代になって欲しいですね!

SNSでもご購読できます。